英語脳といいても、いろいろなとらえ方があると思います。

たとえば、一つ考えられるのは、英語を英語でとらえられるか、簡単に言えば、ある物を見たときに、その物の名前が、英語で脳が認識したかどうか?

日本語で認識するのではなく、英語で認識できたかどうかだと思います。

では、英語脳にするには、どんなふうに訓練すればいいのか?

短期で英語脳になれる2つに勉強法についてお話します。

 

<目次>
・英語から日本語に変換する速度早くする
・英語として認識することが大切

 

英語から日本語に変換する速度早くする

初心者の方は、どうしても、英語から日本語に置き換えて理解します。また、日本語を英語語に直して相手に伝えます。

この速度を速めることで、徐々に英語脳に変っていきます。

初心者の方は、日本語から英語、英語から日本語の変換速度を早くすることを心がけましょう。

では、どうすれば、英語から日本語、日本語から英語の変換速度が速くなるか?

これは、英語のフレーズを覚えることです。

たとえば
Can you ~?
May I ~?
I’d like to ~?

これはフレーズは基本パターンです。

このパターンを、色々なシチュエーションに置き換えて、使っていくことがフレーズを覚えていく勉強になります。

フレーズの基本パターンを覚えて、いろんな場面で使ってみましょう。

 

英語として認識することが大切

英語として認識するってどういうこと?

目から耳から入ってくる情報を、日本語としてとらえるのではなく、英語としてとらえる訓練をすることです。
では、どうすれば、英語としてとらえられるのでしょうか?

とにかく、入ってくる情報を英語として脳に認識するように意識することです。

海外ドラマを、字幕なしで見ることをオススメします。

字幕があると、一旦日本語に訳されているので、分からない言葉が出てくれば、字幕を見てしまいます。

字幕を見ないで、その場面から、英語脳で理解しようとする訓練をするのです。

それを繰り返していいくうちに、だんだんと英語脳になっていきます。






このページの先頭へ