英語を聞き流すだけの勉強をされている方も多いと思います。

しかし、聞くだけで英語が聞き取れるようになるには、3000時間くらい英語を聞き取っていなくてはいけません。

ただ聞き流すだけのリスニングじゃなく、聞き取ろうとする意識で英語を聞いて3000時間です。

1年でやろうと思えば、1日に6時間、意識して英語を聞き取る勉強をしないといけないことになります。

これは大変な労力ですし、1日6時間も英語の勉強に費やせません。

そこで、短時間で楽しくリスニング勉強ができる方法をお話ししましょう。

 

<目次>
・YouTubeのMovieclipsを使った楽しいリスニング
・YouTubeのMovieclipsの聞き方

 

YouTubeのMovieclipsを使った楽しいリスニング

YouTubeのMovieclipsは、映画の名場面を集めたサイトで、短い場面の映像が数多くあります。

映画の名場面ですから、インパクトがあり、誰もがが感動し、心を打たれたシーンの映像です。

映像時間も1分から3分程度ですから、短いです。

その名シーンからお気に入りの映像を見つけます。

そして、英語の字幕を全部書き出し、分からない表現や単語、文法を調べて、全体像を理解してください。

全体像が理解できたら、英語の字幕を見て映画を観てください。

注意するのは、自分の思っている英語の発音と、映画で言っている発音の違いを意識してみてください。

自分が思っていて発音が間違っていたかを認識できるはずです。

最終は、字幕なしで映画を観て理解でくるところまで続けてください。

 

YouTubeのMovieclipsの聞き方

初心者の方が英語を聞くとき、まず音を聞きます、そして、音を認識します、そして、音の意味を考えます。

これを繰り返すから、聞き取るのが大変になってしまうのです。

ではどうい聞き方をすればいいのか?

名場面のシーンは、1、2分です。

名場面の内容は分かってりるのですから、映像の中のセリフの音だけにフォーカスして聞くようにするのです。

音が入ってきて、理解しようするやり方で観ると、どうしても重荷になってしまします。

ですから、最初は日本語で内容を理解してから、セリフを音として聞くようにすれば、スムーズに英語が頭に入ってきます。

一度やってみてください。






このページの先頭へ