英語が自然に出てくるって夢じゃないですか?

つい日本語を英語に変えて話したり、英語を日本語に変えて訳したり。

頭にスーッと英語が入ってきて、理解できるようになれば…

これが英語脳になることです。

では、英語脳になるにはどうすればいいのでしょうか?

英語脳になるための勉強法をお話しします。


<目次>

・簡単な単語を言う
・簡単な単語をつけ加える
・3つの簡単な分文章を作る
・簡単な質問を作る
・自分で質問し答える練習をする

簡単な単語を言う

たとえば、朝駅まで歩いている時、ランチ中、電車の中なので周りに見えるもの、感じるのもすべてを英語で言ってください。

このとき、単語だけでいいです。

物、色、音、風景などの単語をつぶやいてください。

むつかしく考えずに、簡単な単語だけでいいです。

人がいれば、頭の中で考えるだけでもいいです。

ポイントは、単語だけを英語でいうということです。

分からないときは、日本語で考えず、飛ばして英語で考えるようにしてください。

簡単な単語をつけ加える

次に、簡単な単語に、簡単な単語をつけ加えてください。

やり方、考え方は先程の単語を考える時と同じで、「テーブル」と考えれば、「ブルーのテーブル」と付け加えればいいです。

日本語で考えてはいけません。

つねに英語で考えてください。

簡単という人は、もう一つ単語をつけ加えてください。

「大きなブルーのテーブル」みたいな感じで。

3つの簡単な分文章を作る

物や景色について、3つ短い文章を考えてください。

この時も、日本語で考えす、パットでる英語で考えてください。

3つも思いつかない方は、簡単な文章でいいです。

「これは犬です」「それは犬です」「あれも犬です」

などでも結構です。

簡単な質問を作る

周りを見渡しながら、簡単に質問を作ることです。

「what’s that?」「is it sweet」など。

日本語で考えない質問を言いましょう。

思いつかないときは、

「How much?」「Spicy? Sweet?」

などの、語尾を上げる単語だけでもいいです。

自分で質問し答える練習をする

最後に、自分で質問し答えるです。

質問=「What’s that」
答=「it’s a table」

この時も、日本語で考えなくてもいい、簡単な質問と答えを考えてください。

もう少しレベルアップを考える方は、ミニ会話をオススメします。

この練習は一度に5ステップのやらなくていいです。

単語だけの日もあれば、ステップ2だけの日もあるような感じでいいです。






このページの先頭へ