なかなか英語が身に付かないと悩んでいる人!

英語と日本語には多くの違いがあるので、「英語の表現が理解できない」「文法がサッパリ分からない」「発音がせきない」のは当然のことです。

英語会話が難しい3つの壁についてお話します。

 

<目次>
・文化の壁
・文法の壁
・発音の壁

 

文化の壁

間違いを恐れて、話そうとしないことです。

しかし、英語は世界共通言語なので、いろんな方言があります。

ですから、発音などの間違いを恐れず話すようにしましょう。

また、日本人ならではの、遠慮する、空気を読むといった日本の文化は通用しないので、英語で表現することは無駄です。

挨拶の習慣も違うので、日本の習慣で考えないようにしましょう。

 

文法の壁

英語には、日本語にない時制や語順の違いがあります。

日本語では、主語+目的語+動詞といった語順ですが、英語の場合は、主語+動詞+目的語といった語順になります。

This is a penという聞いた事のあるフレーズですが、日本語ではaという概念がないので、つい忘れてしまいます。

こういった、日本語にはない冠詞があるので、文法が分かりずらくなるのです。

 

発音の壁

発音の壁には3つあります。

1.カタカナ英語を使う

英語を聞くと「あいうえお」のどれかの音に当てはめようとします。

2.リンキングが上手くできない

英語にリンキングというものがあり、上手く聞き取れず、不自然に聞こえてします。

3.リズムとイントネーションが大切

英語は、音が高くなったり、低くなったりするイントネーションがあります。

これを意識するだけで、英語が上手く話すようになります。






このページの先頭へ