ちょっとでも、英語らしく話せたらいいですね。

どうしても、たどたどな英語になってしまうって悩んでいませんか?

そこで。3つのコツをマスターすれば、英語が上手き聴こえる方法についてお話してきます。

 

<目次>
・英語を単語をブチブチ切らずに話す
・ジェスチャーを使って会話をする
・お腹の底から発生する

 

英語を単語をブチブチ切らずに話す

リエゾンをご存知ですか?

リエゾンとは、語を単独では読む場合には発音されない語末の子音字が、直後に母音が続く場合に発音される現象を言います。

ちょっと分かりずらいですが、要するに、連なってい単語を引っ付けて話すということです。

このリエゾンを意識して話すことで、英語らしい会話ができます。

一つ一つの単語で発音しないで、一呼吸で、単語と単語を引っ付けて発音しましょう。

 

ジェスチャーを使って会話をする

アメリカ人の方って、よくジェスチャーがオーバーだねって言いますよね。

このジェスチャーを交えて話すことで、リアルな英会に聞こえるのです。

映画やドラマなど観て、どういうジェスチャーをしているのか、チェックしてみましょう。

映画やドラマの中のセリフとジェスチャーを覚えることで、実践で使えるジェスチャーが覚えられます。

 

お腹の底から発生する

最後に、お腹の底から発生すると言うことです。

発生の元を変えることです。

日本語は、口の中で共鳴させて言葉を発しますが、英語は、お腹の底から声を出す感じで言葉を発します。

だから、アメリカ人の歌は、伸びやかに聞こえるのでしょう。

英語の音は、お腹から出すといことを覚えておきましょう。






このページの先頭へ