なぜ、英語ができる人とできない人がいるのでしょうか?

同じ勉強、同じ英語塾に通っていても、どうしても英語ができる人とできない人がいます。

英語ができる人、できない人の6つの違いについてお話します。

 

<目次>
・人間が好きな人
・間違いを気にしない人
・考えすぎない人
・恥を捨てられる人
・自分の意思をしっかり持っている人
・明確な目的を持っている人

 

人が好きな人

英語は、インプットも大切ですが、アウトプットもとても重要です。

アウトプットは、人と話すことです。

人を好きじゃない人は、あまり人とコミュニケーションを取りたがりません。

人が好きじゃないとコミュニケーションが取れないし、コミュニケーションが取れないと、アウトプットができないのです。

したがって、人が好きな人は英語が上手くなるのが早いのです。

 

間違いを気にしない人

学校で習う英語教育は、間違ったら×を付けられます。

英語は間違っちゃダメなんだと、思い込んでしまう人が案外います。

そうすると、間違っちゃダメと思い、喋らなくなります。

しかし、少々間違っても気にしない人は、どんどんん喋っていきます。

ということは、上達も早くなるということです

 

考えすぎない人

何を考えすぎないかといいますと、文法です。

学校教育では、文法をメインに学びますので、何か話そうとする時は、まず文法を考えてしまいます。

現在完了、それとも現在進行形とか、どの文法を使えばいいのか、どの単語を使えばいいのか考えてしまうのす。

そうなると、会話が遅くなり、考えないと英語が話せなくなるのです。

間違ってもいいですから、考えずに話すようにしましょう。

 

恥を捨てられる人

恥を捨てるのは、なかなか難しいものです。

だいの大人が、幼児英語使うなんて恥ずかしいと思っている方は多くいられます。

恥ずかしがらずに、最初は幼児英語でもいいですから、恥を捨てて話すようにしましょう。

話さなければ、英語は上達しません。

 

自分の意思をしっかり持っている人

西洋の人は、自分の意見をはっきり主張します。

主張できないと英会成立しません。

主張イコール、自分の意思ですから、意見をしっかり伝えることができる人は、英語の上達が早くなります。

 

明確な目的を持っている人

仕事で絶対に英語が必要な人は英語は上達します。

いついつまでに、英語が話せるようにならないと駄目だとか、転勤の日が決っている人たちは、必ず英語が話せるようになります。

これは、明確な目的を持っているからです。

ただカッコいいからだとか、オシャレだからということではなく、目的をもって英語に取り組んだ方が、英語の上達は早くなります。






このページの先頭へ