フィリピンとかマレーシアの方は、英語脳で話すのが上手ですが、日本人はどうしても英語脳で話すのが不得意みたくです。

なぜ、日本人は英語脳で話すのが苦手なのか?

日本人が英語脳にならない理由と、英語脳で話すにはどうしたらいいのかについてお話します。

 

<目次>
・なぜ、日本人は英語脳で話せないのか?
・英語脳で話すための勉強法とは?

 

なぜ、日本人は英語脳で話せないのか?

これはまさに、学校教育の問題です。

学校で習う時、まず英語を日本語に訳すことからスタートしますよね。

あれって、日本語脳で常に勉強してるってことです。

初心者の場合はいいでしょうが、高校になっても、同じパターンの授業をしてると思います。

受験だけのための勉強だと、それでいいのかもしれませんが、英語脳を作ろうと思えば、まず、日本語をメインとした勉強法では、絶対英語脳にはなれません。

たとえば、中学、高校と英語の勉強をしてきて、「それとってくれない」という簡単な英語を話せる方は何人おられるでしょうか?

言えない方の方が断然多いと思います。

なぜでしょう。

これこそ、日本語脳で英語を話そうとするからです。

英語脳だと、簡単にでてきます。「pass it to me」

では、どうすれば英語脳になるのでしょか?

 

英語脳で話すための勉強法とは?

英語脳で話すのは、脳を日本語から切り離さないと駄目です。

海外へ留学すると英語が流調になるのは、英語脳になっているからです。

海外だと、英語のみの環境に置かれるからです。

英語脳になるには英語のみで勉強することです。

では、どんな勉強かというと、

1、正しい英文をたくさん聞く、話す、書くこと。

2、日本語は絶対使わない。

この2つをひたすらやり続けることです。






このページの先頭へ