ネイティブのような表現力ってどうすれば身に付くのでしょうね

どうしても、自分で文法を作ろうとしても、なかなかいい表現がでてきませんよね。

どうすれば、ポンポンと表現を作って話せるようになるのでしょうか?

ネイティブのような表現力を身につける方法についてお話します。

 

<目次>
・表現のパターンをアレンジする
・具体的な表現のパターンのアレンジとは

 

表現のパターンをアレンジする

文法を1から作りたい、センテンスを1から組み立てたいっと思っていても、なかなかできないものです。

どうすれば、文法が1から作れるのか、どうすれば、1からセンテンスを組み立てられるのか、それは、文法を1から作るとせず、パターン化すると簡単に文法は作れるのです。

日本人が英文を作る時、文法はどう作ればいいのか、センテンスはどう組み立てればいいのかから考えます。

たとえば、円の面積を求めるとき、どうしまうか?

公式にあてはめて、面積を算出しますよね。

半径×半径×3.14ですよね。

しかし、日本人の英語の文法を考えるとき、半径は何とか、3.14は何とかのように、1から考えようとします。
そうではなく、英語も公式にあてはめて文法を作っていけば、簡単につくれるのです。

では、具体的に説明しましょう。

 

具体的な表現のパターンのアレンジとは

実際、ネイティブがよく使う英語のセンテンスを少しアレンジすれば、簡単に英文法は作れます。

たとえば、

Have you ever 過去分詞?

この過去分詞の部分を変えるだけで、色んなパターン文法ができるのです。

Have you ever been to Hawai?「ハワイに行ったことがありますか?」

Have you ever tried susi?「お寿司を食べたことがありますか?」

Have you ever watched ET?「ETを見たことがありますか?」

このように過去分詞を変えれば、何万個もの英文法が作れるのです。

ネイティブフレーズ集を買えば、色んなパターンの文法がありますので、上記のように、一部の単語を変えて文法が作れるパターンを増やすしていきましょう。

そうすることで、いくつも英語の表現が作れて、ネイティブのような表現力を身につけることができるのです。
一度試してみては如何でしょうか?






このページの先頭へ