ネイティブの英語は、早くて聞き取れない。

そう感じている人は多いでしょう。

ネイティブの英語は、原型が変化して話しているので、聞き取るには非常に難しいです。

では、どうすれば、ネイティブの英語が聞き取れるようになるのか?

早いスピードの英語を聞き取る法則についてお話します。

 

<目次>
・アクセントは内容語のみをはっきり発音する
・単語は、くっつく、変化する、音が省略、同じ音になる

 

アクセントは内容語のみをはっきり発音する

英語は、動詞と名詞のように、内容のある単語だけをはっきり発音します。

他の単語は、はっきり発音しない。

要するに、日本人が英語を読むときに、一語一句読んで発音します。

しかし、ネイティブは、発音する音と発音しない音があることを理解しましょう。

動詞や、名詞といった重要な単語にアクセントをつけて発音し、それ以外の代名詞や関係代名詞はなど、あまり重要じゃない単語は、聞こえるか聞こえない程度の音で発音してるのです。

だから。すべてを聞き取ろうとせず、重要な単語の部分を聞き取って理解するようにすらば、早いスピードにもついていけるのです。

何回も何回も、ネイティブの英語を聞いて、重要な単語を聞き取れるように訓練しましょう。

 

単語がくっつく、変化する、音が省略、同じ音になる

英語は、音をくずして発音します。

音がくっついたり、変化したり、音が省略されたり、同じ音になったりします。

あまり重要じゃない単語は、口蓋音化して、変化させているのです。

ですから、あまり重要じゃない単語は、くっついたり、変化したり、音が省略されてり、同じ音になったりして省力化されているのです。

こういった、どういった単語が変化するとかを意識して聞き取っていくと、早い英語でも聞き取れるようになるのでです。






このページの先頭へ